バレエマンガのおすすめ10選。青春ものからコメディまで

バレエマンガのおすすめ10選。青春ものからコメディまで

「昔バレエを習っていた」「興味はあったけれど縁がなかった…」バレエに憧れているのなら、マンガの世界でも堪能してみませんか?主人公のタイプやBL、コメディなど、ジャンル別のおすすめを10個紹介します。耽美な世界をじっくり味わいましょう。

目次

  1. 1
    女性主人公のバレエマンガ
  2. 絢爛たるグランドセーヌ
  3. Do Da Dancin’!
  4. 2
    男性主人公のバレエマンガ
  5. ダンス・ダンス・ダンスール
  6. ビューティフル
  7. coda
  8. 3
    バレエを題材にしたBLマンガ
  9. ラブロッサム 上山田町男子バレエ団
  10. 白の王子と黒の王子
  11. 4
    コメディタッチのバレエマンガ
  12. プリマでいこう!マダム・アラベスク
  13. バレヱのお時間‼︎
  14. 5
    バレエマンガを堪能しよう
  • 女性主人公のバレエマンガ

    絢爛たるグランドセーヌ 18

    絢爛たるグランドセーヌ 18

    600

    ロイヤル・オペラ・ハウスを訪れた奏達、ロイヤル・バレエ・スクール生徒一行は、ロイヤル・バレエ団の年末公演『くるみ割り人形』のリハと、学内振付コンクールの準備、その二つの同時進行で忙しい。一方、シュトゥットガルトにバレエ留学中の栗栖さくらは、学内公演で『シンデレラ・ストーリー』の主役を踊るというのだが…。

    日本では、バレエを習っている人の9割が女性といわれます。女性中心の世界であるため、マンガにおいても女性が主人公となるケースが多くなるのは必然です。 ここでは、ヒロインが日々切磋琢磨しながらバレリーナとして成長していくストーリーを三つ紹介します。

  • 絢爛たるグランドセーヌ 1

    絢爛たるグランドセーヌ 1

    524

    優れた観察眼と実行力を備えた少女・奏。絢爛たるバレエの世界に魅了された少女は、踊ることの楽しさに目覚め、やがては世界のグランドセーヌ<大舞台>へと駆けあがっていく。 実力派の大人気作家が描く本格クラシックバレエロマン!!

    絢爛たるグランドセーヌ

    隣の家に住む高校生・梨沙(りさ)の舞台を見て、バレエに魅入られた少女・奏(かなで)の成長を描く本格的なバレエマンガです。 主人公の飽くなきバレエへの情熱と日々の鍛錬の描写が熱く、バレエへの愛がヒシヒシと伝わって来ます。一生懸命な姿に共感し、心から応援したくなるでしょう。 ピルエットやグランパッセなど、バレエの基礎的な知識も分かりやすく話に組み込まれており、初心者にも理解しやすいことも魅力です。

  • Do Da Dancin’! 1

    Do Da Dancin’! 1

    480

    お魚屋さんの1人娘・桜庭鯛子は幼い頃からバレエを始め、将来を嘱望されていたが、14歳の時に母に先立たれてバレエへの情熱を失う。情熱はないけど、踊ることが好きな鯛子は、父と兄と商店街の幼なじみ達に支えられて…。大人気ダンサーズ・ストーリー第1巻!!

    Do Da Dancin’!

    魚屋の娘という超庶民派のダンサー・鯛子(たいこ)が主人公のバレエストーリーです。 作者の槇村さとるさんは、フィギュアスケートやジャズダンスなどダンス系のマンガを過去に多く手掛けてきました。 踊ったりポーズを決めたりする人物描写では高いデッサン力が光り、とても美しくリアルなシーンの数々にため息が出ます。 プロのダンサーとしてやっていく厳しさなど、華やかさだけでないバレエの裏側もつぶさに描写されており、読者はリアルでシビアな世界も垣間見ることができます。

  • 昴 1

    昴 1

    550

    病床に伏す双子の弟の前で、日ーの出来事を踊り続ける少女・宮本すばる。過酷な日常と大きな悲しみが、彼女の才能を育んだ。天才の名を欲しいままにする、最強のバレエダンサー。激しくもはかなく、そして美しい、命を削る魂のバレエ! その舞姫伝説が、今、始まるーー!!

    天才的なダンサー・すばるが心に傷を抱えながらも、バレエの世界で大きく羽ばたいていくヒューマンストーリーです。2009年には実写映画化もされたため、映画から作品を知った人もいるでしょう。 作者は曽田正人さんという男性です。華奢で女性的なバレエマンガとは異なり、力強くダイナミックな描写は骨太で躍動感に溢れ、とても迫力があります。 "バレエとは、スポーツあるいは格闘技である"といった、新しいバレエ観を与えてくれる作品です。

  • 男性主人公のバレエマンガ

    ダンス・ダンス・ダンスール 20

    ダンス・ダンス・ダンスール 20

    550

    神回連発ドラマチックバレエロマン!! ブランコの元パトロン・ゲイリーから 資金援助を受けるための条件を クリアーするため、 潤平は『ジゼル』のアルブレヒトを踊ることに。 ブランコとオルガの指導により、 徐々に「己の」アルブレヒトを掴んでいく潤平! そして満を持して迎えた本番当日だったが、 潤平をまさかの状況が襲う!?

    "女の園"であるバレエですが、そうはいっても男性ダンサー無しでは成立しません。 女性を紳士的にエスコートする洗練された立ち振る舞いや、鍛え上げられたボディを持つ彼らを、理想の男性だと思う女性も多いのではないでしょうか。 そんな魅力的な"王子"たちが中心となるストーリーを、三つピックアップしました。

  • ダンス・ダンス・ダンスール 1

    ダンス・ダンス・ダンスール 1

    550

    主人公・村尾潤平は中学二年生。 幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。 バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤平だが、彼の前に、ある日転校生の美少女・五代都が現れる。 母親がバレエスタジオを経営する都に、バレエへの興味を見抜かれ、一緒にやろうよと誘われるが――!? すべてを犠牲にしたものだけが、立つことを許される世界。 重力に逆らい、美しく高く跳ぶものたちよ、 抗いがたきその衝動に、身を捧げよ―― 女性誌界のトップランナー・ジョージ朝倉が描く、 王道のドラマチック・バレエ・ロマン、開幕!!!!!

    ダンス・ダンス・ダンスール

    熱血スポ根系のバレエマンガです。青年向け雑誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載されていますが、イケメンが多く登場する青春ストーリーなので、男女どちらからも愛されています。 主人公の潤平(じゅんぺい)は、幼い頃からバレエに強く惹かれていました。しかし、"男の子らしく"という亡き父の思いに応えるべく、バレエではなく格闘技・ジークンドーを習うことを選びます。 中2となった現在まで、潤平は"男っぽい男"として振る舞っていました。ところが、ひょんなことから、転校してきた美少女・都(みやこ)によってバレエの世界へ誘われるのです。 主人公のバレエへの情熱と共に、"男の子なのにバレエ"という周囲の偏見や本人のためらいなどもリアルに描かれています。

  • ビューティフル 1

    ビューティフル 1

    420

    ウクライナのベラローザ村で暮らす少年・悠里(ユーリ)。天才的なバレエセンスを持ち、異父妹・杏奈(アンナ)にも慕われている。だが、彼の静かな生活は、世界を一変させる悲劇によって壊された。それは、チェルノブイリ原発事故――被爆した母親の夢を叶えるため、悠里は一人、家族と離れバレエ学校へ入るが…!?

    ビューティフル

    ロシアと日本のハーフである美少年が主人公の、悲しくも美しいバレエマンガです。 ウクライナのベラローザ村で、母と義父、妹の杏奈(アンナ)と暮らす悠里(ユーリ)は、天才的なバレエの才能を持っていました。しかし、チェルノブイリ原発事故により、それまでの生活が崩壊してしまいます。 9年後、悠里はモスクワのバレエ学校で学年トップの座を維持し、将来を渇望されるダンサーに成長します。 母の死や異父妹・杏奈との禁断の恋など、多くの苦悩を抱えながら踊る悠里の姿は、哀愁たっぷりで抒情的です。涙なしには読み進められないでしょう。

  • coda I

    coda I

    550

    高校の舞踊科日舞専攻に通う国定春一は、ある日、短期留学でやってきた有名な若手バレエダンサーのユーリ・アルバトフと出会う。が、彼がある誤解をしたことで大問題が発生!?

    coda

    本格的なバレエマンガというよりは、個性的キャラ設定と小気味よいストーリー展開が魅力の、エンタメ系作品といえるでしょう。 主人公・春一(はるいち)は芸術系高校の舞踊科1年生で、日舞の家元の跡取りでもあります。実は密かにバレエに憧れており、女性パートを幼馴染の真奈からこっそり教えてもらっていました。 ロシアからやって来た男性ダンサー・ユーリに抜擢され、春一はいきなり舞台でプリマ(女主役)を踊ることになってしまいます。 日舞の跡取りがバレエをしたり、男の子が女装してプリマを演じたりと、現実ではあり得ないぶっ飛んだ設定で、マンガならではの非日常感を楽しめます。

  • バレエを題材にしたBLマンガ

    ラブロッサム 上山田町男子バレエ団 下

    ラブロッサム 上山田町男子バレエ団 下

    616

    男だらけのバレエ団がついに公演をすることになった! 練習が始まったものの、一馬と水戸の関係はなかなか進まず…。そんな中、女性ファンが毎日押しかけるほどのイケメン・南、自称かわいい女装・めのう他、なぜか濃いキャラばかりが集まってしまったバレエ団では、別の恋愛騒動も勃発してしまって……!? 描きおろしも収録した待望のコミックス!

    華麗で耽美なバレエの世界には、たくさんの"王子"キャラが存在します。そして"王子"といえば、BLにも欠かせない要素です。 バレエ×BLのコラボマンガとして、ゲイ以外にオネエもたくさん登場するドタバタコメディと、濃厚なラブシーンが満載の正統派BLの二つをピックアップしてみました。

  • ラブロッサム 上山田町男子バレエ団 上

    ラブロッサム 上山田町男子バレエ団 上

    616

    上山田町にある商店街で八百屋を営んでいる一馬。お客さんが少なくなってきた商店街で、町おこしをしようと、他の商店主と話し合いをするが、まったく意見が出てこない! そんな中、バレエ団員募集のポスターを見かけた一馬は、子どもの頃のバレエ経験が活かせるかもと、面接へ。しかしそこはゲイバー! 男だけのバレエ団だった!!! しかも、そこに一馬がバレエを辞めるきっかけとなった世界的バレエダンサー・水戸が現れ、しかも告白……!?

    ラブロッサム 上山田町男子バレエ団

    関東地方のとある県に位置する上山田町で、町おこしのために結成された男性だけのバレエ団の人情ストーリーです。 基本的にはコメディ的要素が強く、思いっきり笑える作品です。ただ時折、ホロリとさせる人間ドラマや切ない恋心、気持ちがほっこりする温かなエピソードもあります。 主人公・一馬(かずま)と世界的バレエダンサー・水戸(みと)のほか、オネエダンサーたちや元プロのイケメンダンサー・南(みなみ)など、登場人物は一癖も二癖もあるキャラばかりです。 キャラの強烈な個性と、キャラ同士のやり取りを楽しみましょう。

  • 白の王子と黒の王子【電子限定おまけ付き】

    白の王子と黒の王子【電子限定おまけ付き】

    700

    ベテランダンサーの黒田弘也は、バレエ界の新星・白石亮平と「新 白鳥の湖」をダブルキャストで踊ることに。白石から一方的にライバル視される黒田だったが、あるトラウマから白石と競う気になれない。しかし子供の頃に観た黒田の演技に憧れ、ここまで上りつめたという白石の執着心は尋常ではなく、いつしかその思いは肉欲をともなう愛に変わっていく。一緒に踊るたび昂ぶる欲望は、タイツ越しに伝わり…。彼との二人きりの時間が、苦しみの中にいた黒田を熱く突き動かす─!若き才能×美しきベテラン─濃厚エロティシズム競演の幕開け!描き下ろし後日談付き。

    白の王子と黒の王子

    2人のイケメン、恋のときめきと濃厚な絡み、華やかなバレエの世界観、ピッタリタイツから浮かび上がる鍛えられたボディラインなど、腐女子好みのエレメントがこれでもかと盛り込まれた王道BL作品です。 世界を舞台に活躍するダンサー・黒田(くろだ)と白石(しらいし)は海外から帰国し、『新 白鳥の湖』のダブルキャストとして共演することになります。 しかし、黒田に対して一方的にライバル意識を燃やす白石に、黒田や周辺のダンサーは困惑するばかりでした。 ギクシャクしていた2人が、バレエを通じて少しずつ近づいていく様子に胸がキュンとします。そしてディープで刺激的な濡れ場は、BL好きにはたまらないシーンでしょう。

  • コメディタッチのバレエマンガ

    プリマでいこう!

    プリマでいこう!

    500

    リストラに追い込まれたOL・可哉子がパレエを習い始めた。不満だらけの毎日を、自分を変えるために──。笑えて、ほろりのバレエ・コメディ誕生!

    バレエというと、格式が高いイメージを持つ人もいるかもしれません。そんな場合には、コメディタッチのバレエマンガがおすすめです。 バレエ×コメディのおすすめマンガを2点を紹介します。

無料ランキング

  • 1

    きみは面倒な婚約者

  • 2

    宵の嫁入り

  • 3

    熱愛プリンス お兄ちゃんはキミが好き

  • 4

    ボクラノキセキ【イラスト特典付】

  • 5

    家政魔導士の異世界生活~冒険中の家政婦業承ります!~

  • 6

    ハニーレモンソーダ