シリーズのレビュー

マンガレビュー公式レビュー

  • バスに乗ってたら突然拉致られて、気付いたら人間を食糧化するための工場にいた主人公。食糧である人間を食べるのはナゾの異生物で……といった展開に発展していくんですが、工場の中の描写がエグイ!!ブヨブヨに太らされる人間、ただ子供を産ませるだけに進化させられる男女、やや胃もたれしそうな展開ですが、これ…国家ぐるみでやってるんですよね。 なんか、謎の生物は一旦置いといても、国家の陰謀とかホントにありそう。衝撃作ですので、閲覧注意です!

  • “牛や豚を飼ってそして頃合いになったら人間用の食料にする”もはや当たり前のこの光景が逆転してしまったらどうなるでしょうか?
    食糧人類は、恋愛シーンがあるわけでもなく、敵をぶん殴るわけでもなく、ただただ食べられないように策を練る…そんな恐ろしいマンガです。
    「人が襲われ食べられる」というマンガは多くありますが、このマンガはレベルが違いすぎます!

  • 食物連鎖の頂点に立っている人は日々多くの生き物や植物を食べていますが、
    その人間よる上の存在が突然現れた・・・
    突然自由をうばれて、家畜同様に扱われる人々。何が起こったのかさっぱりわかりません。
    混乱する中で仲間と協力してこの危機から脱出しようとする主人公たちですが次々に・・・
    なぜ、突然人間が家畜同然の扱いになったのか。誰が、なんの目的で。。
    読み進めるほどに手に汗にぎる展開に!?

マンガレビューみんなのレビュー

  • きなこ

    2019年3月2日05時18分

    ラストのラストで救われた気がします。そこまでが長い‼️(。´Д⊂)

  • ゲスト

    2018年12月2日03時40分

    グロ苦手だわ・・・

    ひたすらキモい。

  • ゲスト

    2018年4月28日23時34分

    地獄を味わえる

    どん底の人が読めば自分の立ち位置がそれほど下でないことを実感できるであろう

  • ゲスト

    2018年3月17日13時24分

    一気に読みました

    主人公の瞬間記憶能力がすっかりかすむ程の能力者がワサワサ出てきます。

    悪役なはずの桐生教授が4巻で気の毒に思えてきてしまいました。山引万能。

  • なむこ

    2018年2月26日01時26分

    山引くんはただのちょっといきすぎた変態オカルトチックな奴だと思っていたが、4巻を読んで一気に印象が変わった。肉食系で天才頭脳を持つ、純粋な少年の様な無垢な心の持ち主である、行動の予測出来ない色気ある男性だという事実を知れて興奮した。彼の未知な魅力に惹かれて今後、ますます食糧人類の人気は上昇すると思われる。

  • 2018年2月20日14時51分

    1話目からして怖いですねぇ…:(´;Д;`):

  • ゲスト

    2018年1月27日15時11分

    感想

    内容はクトゥルフ的な未知の生物が出たり色々と興味深いものではあったけど、ページ数が少ない気がする。

  • 七瀬

    2018年1月26日13時50分

    怖がらせたいだけ?

    人間を飼育する意味が分からない。
    ある程度成長するまでに最低15年はかかるし、産ませるにしてもよくて1年に3〜4人。
    それを食べれるまでに育てるだけでも大変だし、コストがかかりすぎる。
    もしかしたら次巻から人を飼育しなければならない理由があるのかもしれませんが、1巻を見ただけならただちょっと刺激的な内容を描きたいだけで中身は浅い気がする。

  • ゲスト

    2018年1月21日18時47分

    1巻でのナツネさんの活躍
    すごすぎて開いた口が暫く塞がらんかった

    この漫画、前から気になっていたけど
    内容が半端ない、、、

  • ゲスト

    2017年12月8日09時03分

    山引にざわつく

    悪者だった桐生教授が急にかわいそうに見えてきて、逆に仲間の山引が怖い人に見えてきた。

  • もっとみる

    © CyberAgent, Inc.