シリーズのレビュー

4

レビュー数3

2
0
0
1
0

マンガレビュー公式レビュー

  • 1話からしんみり泣ける。
    淡々とした日常にちょっと胸がウズウズする系です。こういうのにわたしはめっぽう弱い。最初は不倫のフの字も感じさせませんが読み進めるうちにフリン現れます。切ないというより読むのが辛いレベルで。
    不倫する勇気はないけれどマンガの不倫は自堕落なものほど映えますよね。たまにレビューでも不倫ダメ絶対マンがいるけど、なんでこんなところでまで批判してるんだろう。と思うんですよね。マンガだからいいんじゃん。

  • 連載で続いている本編の方も好きなのですが、1巻の冒頭に収録されている結婚間近の二人を描いた読みきりが好きです。
    過去を後悔して前に進むことができない久緒。そんなに好きじゃなかった“初めての人”と、骨まで愛したいと思った“はじめてのひと”。
    漢字とひらがなでその感情の違いを表現してしまう谷川先生の感性が素敵すぎます!人は大人になってもたくさんの“はじめて”を感じることができるんだなぁと思わせてくれる作品。

マンガレビューみんなのレビュー

  • sumizoo

    2019年4月24日07時40分

    続きを読むのがとても楽しみ

    谷川史子先生の作品は大好きで必ず読みますが、いつもたった一言が突き刺さってくるようです。
    「不倫は家に火をつけるようなもの」。こんな胸にくる表現があるのかと。
    日常のどこにでもいる、どこにでもある、普通の人たちのありふれた、もしくはあり得る関係を描写しているのに、こんな言葉、台詞が出てくるのがすごい。
    ほっとして温かい、なのに切ない。私だけではないんだと思える日常が描かれていて、読んでるだけで癒されます(^^)