シリーズのレビュー

4.7

レビュー数9

7
1
1
0
0

マンガレビュー公式レビュー

  • 「ルネサンス史上最も美しい英雄」と讃えられた、チェーザレ・ボルジアが惣領冬実さんによる美しい筆致で描かれた作品です。
    チェーザレ、ラテン語ではカエサルを意味する名を冠し、かつて存在した英雄と同じく「ヨーロッパ全土の統一」という大いなる野望を抱いた男の物語にグイグイと引き込まれ魅せられていきます。
    最初から面白い作品ですが、読み進めていくと更に加速度的に面白さが増していく作品ですので、時間のある時に一気に読むことをオススメします。

  • ルネサンス末期、教皇の息子に生まれ、一躍時代の寵児として躍り出ながらも、坂を転がるように身を滅ぼしたチェーザレ・ボルジア。
    ファンも多い彼の学生時代から描いた歴史大作。有名な歴史上の人物が次から次へと登場し、ルネサンス期イタリア好きにはたまらないこと間違いなし。
    ミステリーのような展開もあり、歴史を知る人でもワクワクできますよ。

マンガレビューみんなのレビュー

このマンガのレビューはまだありません

© CyberAgent, Inc.