読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズのレビュー

公式レビュー

  • ある意味ホラーな作品。
    最初はダイエットに成功してハッピーになる安野先生の定番ものだと思っていましたがいい意味で裏切られました。とくに性格・食事・体型について考えさせられる。性格=原因、食事=行動、体型=結果で、かつ結果が原因を呼ぶ理由になっていたりして。痩せても太っても精神不安定。本当に健康ダイエットするなら心のダイエットかもしれません
    これほどの反面教師マンガはないと思っております、はい。

  • 本作でフォーカスしたいのは『なぜ太ったの?』という視点がダイエットには必要不可欠であるということです。
    本作は、主要な登場人物ほぼ全員病み過ぎ! 主人公も例に漏れず、病みを抱えています。不安定な心を満たすために食べて太った人の場合、不安定になる度に暴食してしまうわけで…。これって、そもそもの心の安定を最優先に対処しないと、結局リバウンドの嵐ですよね。
    なぜ太ったのか…そこから1度見直してみた方がいいかも!

  • 「もしもあたしがやせていたら」痩せさえすれば好きな人に好きになってもらえる、合コンでも会社でもどこでもちやほやされる…そんな想いに取り憑かれた主人公が、過食や嘔吐を繰り返し得るものは…。
    主人公を取り囲む周りの登場人物も「醜」について様々な角度から悩む様子も、人それぞれの幸せの価値について考えさせられます。

  • 容姿にコンプレックスが強すぎる摂食障害の女。ブスを見るといじめたくなる美人で屈折した女。自分よりも劣った容姿の女性でないと安心できず、わざとイケてない女を選んで優越感に浸る男。
    そういった、人間の汚い部分が強調されたキャラクターたちがオンパレードのマンガです。自分の汚いところを見せつけられているようで、心がザワザワします。

みんなのレビュー

  • Ria Poni

    2019年3月25日22時02分

    一言で言うと手抜き

    漫画というフィクションにしては夢や成長や応援したくさせるものがなく、現実にありそうな話の描写にしては主人公のキャラクターや心の移り変わりの描き方が雑で、ただイライラするだけの作品。漫画を極めた作家による(極めたからこそかもしれないけど、読者は置いていかれる)手抜き作品という印象。

  • ゲスト

    2019年3月25日02時52分

    摂食障害に疎い方には、購読ご遠慮頂きたい作品です。

    主人公が『痩せること』追い詰められていく様。

    その痛みを赤裸々に表現している作品です。

    他レビューで批判めいた意見や同調もありますが、摂食障害と真摯に向き合い 解決の意図を探りたい方にとっては、一考させられる作品だと思います。

  • ゲスト

    2019年2月26日14時09分

    買わないほうが…

    終わり方が微妙すぎ

  • イブ

    2019年2月25日22時43分

    面白くないの一言

    金の無駄

  • ゲスト

    2018年4月11日09時53分

    終わり!?

    こんな中途半端に終わるなんて。消化不良です。。

  • ゲスト

    2018年3月31日03時29分

    綺麗事なしでリアルで楽しかった。

  • ゲスト

    2017年6月8日23時39分

    んぇぇぇぇ!?という終わり方…

    主人公の女の子、応援しながら読んでたのに、、、『そこで終わりかいっ』って感じ。ワクワクしながら読んでただけに、消化不良感ハンパない。ごめんなさい、これで500円は高いと思った。

  • ゲスト

    2017年6月2日10時44分

    終わった事すら気付かなかった位、ハッキリもスッキリもしない結末。こんな駄作に費やしてしまったこっちがストレス溜まりそう。★1ですら勿体無い。

  • ゲスト

    2017年3月16日12時10分

    何この終わり方

    1巻無料で読んで、続きが気になったから500円かけて2巻買ったのに……
    のこちゃんには幸せになって欲しかったのに、彼氏も最低!

  • ゲスト

    2017年3月14日16時28分

    なんだかよくわからない内容だった。
    なんかスッキリしない終わり方〜

  • もっとみる