読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズのレビュー

4.8

レビュー数13

11
1
1
0
0

公式レビュー

  • ふたりの男子高校生が放課後川辺で腰掛けて、ただ会話をしているだけのマンガ。それなのに1話読み終わるまでに時間がかかるんです。だって笑いすぎてなかなか話の続きが読めないんですもん。それもただ「ふふっ」と軽く笑えるなんてレベルじゃありません。「ちょ、これはあかん。笑いすぎてお腹痛い……」と一度ツボに入るとなかなか抜け出せない。だからなかなか続きが読めず、1話読み終わるまでに時間がかかるんです。
    とことん落ち込むことがあった日は、ぜひ『セトウツミ』を手に取ってみてください。きっと大概のことはどうでも良いと思えるくらい楽しい気分になれますから。

  • いやいや、作者天才でしょ!そう思いましたよ私は。単なる普通の、ナチュラルな会話なんですよね。会話だけがだら〜っと続きます。それなのに、絵から伝わるテンポのよさ!思わずクスッと笑っちゃうんです。
    ザ・ギャグって感じじゃないんですけど、日常にひそむかすかな笑いが詰め込まれているというか、一番それが難しいじゃないですか?笑えます。

  • 瀬戸くんと内海くんの、永遠のように続く毎日のくだらない会話を覗き見ることができるセトウツミ。
    ただ、2人はそれぞれの問題を抱えていたり、悩みを持っていたりもします。思春期ならではの悩みではありますが、それらを抱えながら2人は毎日どんな会話をしているのか。気になってしまいページをめくる手が止まらなくなってしまいます。そして、そんなくだらないような2人の会話から、自分自身も永遠に感じていたであろうその高校生時代を思い出し、忘れていた大切なことに気がつくかもしれません。

  • 男子高校生がだべるだけ。それだけなのに面白い!……というのは、途中までの感想です。
    実写化もされた本作は一つ一つの会話のセンスが凄まじく高く、「言葉の力」というのを強く感じさせてくれる作品であるのは確かです。
    しかし、この作品はそれだけではありません。8巻で完結した今、ぜひ何も言わず最後まで一気に読んでみて下さい。絶対に、絶対に損はさせません!

  • 実写化もされた、関西の男子高校生、瀬戸と内海の二人のシニカルな会話劇。
    劇的なことは何も起きらず、ただ川辺でしゃべっているだけのマンガなのですが、単純でちょっとアホな瀬戸と秀才でクールな内海の淡々とした掛け合いがシュールすぎて思わず吹き出してしまいます。
    一つ一つの言葉選びが秀逸すぎる!どうでもいい内容の中にもちょっとした伏線が張ってあったりするのもおもしろい。そんな二人が嫌なことがあったときも忘れさせてくれること間違いなし。(神妙な面持ち)

みんなのレビュー

  • いなみ

    2019年3月19日23時49分

    「こういうツッコミするする~!」みたいな関西人にはあるあるな会話だったり、会話のテンポが心地いい。
    すごく巧妙に考えられてるセリフまわしでおもしろい。こな作者、漫才の脚本書けると思う(笑)
    だんだん瀬戸くんと内海くんがとても可愛らしく思えてきます。

  • 椎名羚

    2017年12月26日02時38分

    キーワードはスーパースター。

    8巻(最終巻)まで読みました。そして私は読み終わった瞬間怒涛の勢いで1〜7巻の伏線を確認してスクショしました。1巻からもちろんありますよ。とゆうか他より1巻すごい色々散りばめられてて語彙力が0になるくらいビビりました。どこの部分かは最後まで読んで確かめてください。

    セトウツミを、暇を持て余した男子高生2人が川辺で関西弁を操りユーモアとギャグセンスたっぷりの会話をひたすら繰り広げる漫画だと思っている人は、この1巻から7巻までその気持ちをずっと保っていて欲しいです。

    この作者さんなぜこんなに面白いセリフ思いつくんですか???瀬戸くんが何か言って内海が「まるで〜〜のように喋るやん」とかいう例えのくだり何回も繰り返されてるけどほんと好き。私もこういうユーモアのある人間に生まれたかった。語彙力とセンスに嫉妬です。

  • ゲスト

    2017年12月4日21時25分

    面白いっ!!

    毎話シーンは、同じなんだけど、話してる内容がおもしろいので、飽きない。テレビで漫才見てるより面白いと思った。漫才みたいに笑い取るために作られたんじゃない高校生達の素朴なやり取りだから、余計にいい!爆笑しながら、あっという間に読んでしまいました。

  • ゲスト

    2016年2月13日02時25分

    セトウツミってなんだ?

    ・・・と思ったら、名前なのねー

    なーんて思いながら読める、ゆるーい漫画。なかなかよかったっす。