シリーズのレビュー

5

レビュー数5

5
0
0
0
0

マンガレビュー公式レビュー

  • 『銀の匙』や『鋼の錬金術師』の作者である荒川弘さんの実体験をもとにした百姓エッセイマンガ。農家の日常や、酪農や耕作の実態がポップに描かれているけれど、日本の農業ってこんなんなのか…とトリビアも満載です。
    でも、自分の実体験があるからこそ、『銀の匙』はあんなにリアリティが感じられるのだなあ、と。それにしても、これを読んでいると、荒川弘さんがタフな理由がなんとなく分かる気がします。

  • 作者の荒川先生は、漫画家になる前、7年間北海道で農家をしていて、ご両親とも北海道の開拓農民の血筋という生粋の農家家系。芋もキャベツも大根もお金を出して買ったことがなく、冷蔵庫には100%国産の牛肉が常時備蓄されているという豊かな食生活…まさに貴族!そんな百姓ライフにせまった本作。
    農家の方ってすごい!と尊敬の念を新たにすること間違いなし!

  • 「鋼の錬金術師」を描いた著者・荒川弘が実家の農家で過ごした日常での話。ノンフィクションならではの奇想天外の話の数々は終始爆笑です。
    牛に扮した荒川先生と担当者とのコミカルな会話も必見です。驚くほど一気に読めてしまい、老若男女問わずおすすめしたくなる一冊♪

  • 北海道で酪農と畑作を営む農家に生まれた荒川弘先生が描くエッセイマンガ。これ、農業や日本の食料生産などについて、めちゃめちゃ勉強になります!
    農家あるあるのネタが潤沢で、「農業も面白そう!」って思わせてくれるし、農家さんや畜産動物たちに感謝の気持ちも沸いてきます。都会育ちで農業の現場に疎い人は、ぜひ読んで欲しい愛のあふれる作品です。

  • 「お金を払っているから『いただきます』は言わなくていい」とふざけたことを抜かす大人がいたら、私は間違いなくこう言うだろう。「一度『百姓貴族』を読んでから出直してこいやああ!」と。……いやはや、いきなりお下品な言葉遣いをしてしまい申し訳ありません。
    でも実際に農業に従事していた荒川弘先生が食料問題をわかりやすく、かつ、コミカルに描いた『百姓貴族』。読めば食に関する考え方は180度変わります。

マンガレビューみんなのレビュー

このマンガのレビューはまだありません

© CyberAgent, Inc.