シリーズ詳細

夢見がちな青年・新沼が恋したのは、会社のエリート・小端。優しくて甘い彼と過ごした初めての夜、全く違う一面を知る事になる。「もう遅いよ。誘ったのは君でしょ」激しすぎる情事に戸惑いながらも身を委ねる新沼はある日、小端についての噂を聞いてしまい——。”昼は王子、夜は野獣”な彼の本当の姿は一体!? こわいのに目が離せない、波乱だらけの恋のはなし。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品