シリーズ詳細

宮方天音(27歳)。年齢=彼氏いない歴。門前仲町にある築80年の一軒家に住み、派遣社員をしながら、人形作家をしている。ある日、贔屓の画材屋から古い粘土を譲り受け、ドイツの全寮制の「ギムナジウム」をテーマにした7体の少年の人形を作り上げる。その粘土には秘密があるという店主の言葉を思い出し、天音が人形たちにキスをすると、光が放たれ、彼らが動き出した。

公式レビュー

  • 自分の趣味をとことん追求する。それもひとつの幸せです。
    主人公・天音の趣味は、球体関節人形作り。
    食費を削り、自分の健康も二の次にして人形作りに没頭する様子にハラハラさせられながらも、どこかうらやましくもあります。
    自分が夢中になれるものはなにか? 生きがいを見つけるきっかけになるかもしれません。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品