シリーズ詳細

ハウスクリーニング先の旦那様と?寂しさに焦れていた女体が今、悦びを思い出す!ハウスクリーニングのパートを始めた人妻の私。今日のお宅は奥さんに捨てられてしまったちょいワルダンディ。お互い生活の寂しさを共感しあううちに――。知り合ったばかりの人にアソコを舐められている。そして「セックスさせてくれる清掃婦」の噂はたちまち広がっていった――。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品