シリーズ詳細

紺野がひた隠しにしている性癖、それは「女性下着を履きたい」こと。仕事帰り、下着売り場のショーウインドウに目を奪われていた紺野は、高校時代の同級生・山城に声をかけられる。動揺する紺野に探るような視線を向けた山城は、後日「紺野って、女モノの下着 着る人?」と核心をついてきて―――。表題作シリーズに読み切り2本を加え、描き下ろしも充実の大サービス!ギリギリアウト♪な不意打ちエロスをご覧あれ!!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年5月12日23時29分

    「女物の下着が穿きたい」という主人公(受け)の葛藤と、それを全く問題にしないでむしろ穿いてほしいと頼むデザイナー(攻め)。下着もかわいいけど、恥ずかしがりながらも穿いちゃう主人公もかわいいです。

  • ゲスト

    2018年10月10日20時29分

    好みが割れるかな?
    私は好き!

  • ゲスト

    2017年6月2日00時09分

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品