シリーズ詳細

もう、ひと月にもなりましょうか…。私が毎夜、同じ夢をみるようになり、それはまるで儀式のように…。毎夜少しずつ私のからだに文字が書き刻んでゆかれ、その度に自分のからだが少しずつ変化していくのを感じる。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品