シリーズ詳細

文明が崩壊した終末世界。ふたりぼっちになってしまったチトとユーリは、愛車のケッテンクラートに乗って広大な廃墟をあてもなくさまよう。日々の食事と燃料を求めて移動を続ける、夢も希望もない毎日。だけどそんな「日常」も、ふたり一緒だとどこか楽しそう。一杯のスープを大事に飲んだり、まだ使える機械をいじってみたり……何もない世界だからこそ感じる想いや体験に出会える、ほのぼのディストピア・ストーリー。

公式レビュー

  • 終わってしまった世界に取り残された少女二人の物語―というと暗そうなのですが、意外とほのぼのしています。
    でも、生き物も人も誰もおらず、兵器や戦闘機がそこかしこにある描写は、やっぱりちょっと怖いです。
    ほのぼのしつつも旅なので、行き着く先に何があるか気になるストーリー。
    アニメでは終末の世界がどう表現されるのか楽しみです。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする