シリーズ詳細

向ヒ兎堂日記
作者
出版社新潮社
掲載誌月刊コミックバンチ
ジャンル青年
時は明治、文明開化華やかなりし頃……時代に逆行して妖怪関係の書物を隠れて収集する不思議な貸本屋があった。その名も向ヒ兎堂。世の中は、妖怪関連すべてを取り締まる『違式怪異条例』が施行され、妖怪を消そうと巡査達が動き出す……。そんな中、妖怪が見えてさわれてしまう本屋の主人・兎崎伊織は、猫又の銀、化狸の千代ら仲間達とともに、妖怪の悩み相談所を開くことに……。実力派新鋭が贈る明治妖怪奇譚、第一巻。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年1月5日08時34分

    やさしい~

    絵も登場人物(人に限らないけど)なんだかほんわかとやさしい気持ちになります。とは言っても、話のスジは「あやかし」とそれを取り締まる側とのやり取りがあったりして、手に汗握るとこもあるのですがね。先が気になっちゃう~

  • ゲスト

    2018年1月4日15時33分

    面白い!

    一巻から一気に読んでしまいました。とても話に引き込まれる感じでした。絵の雰囲気が好き。

  • ゲスト

    2018年1月4日04時34分

    おもしろい!

    絵も繊細できれいだし、話もとっても細やかで、心にひびきました。無料で読み始めましたが、どんどん先が気になっちゃう!
    大正ロマン的な雰囲気が好きな方にはゼヒ!

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品