シリーズ詳細

懐かしいのに、新しい。団地マンガの新星、デビュー! 舞台は建て替えが進み、新旧入り混じった景色が広がる、とある団地。大人とこども、自由と不自由、孤独とぬくもり。数多の窓、数多のドアの向こうにある、それぞれの生活――。 「今年の花火」結婚を機にこの団地に住まい始めた若い夫婦の、初めての夏、2度目の花火 「夜を歩く」最終電車を降り損ねた若きサラリーマン。団地に帰るまでの、長い長い夜の散歩 「わたしの団地」数年ぶりに訪れた男やもめの父の家。すっかり様変わりした団地の姿に、娘はなにを想う? 他、そこに住む人々のささやかな日常を丁寧に切り取った四季折々の12編。描き下ろし4Pも加えた、オムニバス短編集。

公式レビュー

  • ココロ温まりすぎ注意!団地に住む人たちの交流を描いた短編集です。おばあちゃんと若者の交流だったり、小学生と大学生の交流だったり…団地に住む人たちのささやかなふれあいが丁寧に描かれています。派手さはないけれど、なんだか懐かしい気持ちになれる、素敵なマンガです。
    人とのかかわりって煩わしいけど、やっぱり心を癒すものでもあるんだなあって感じさせられました。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • ヒバナ 2017年8月号(2017年7月7日発売)
    ヒバナ 2017年8月号(2017年7月7日発売)