ホームメンズ
Memory in Summer

既刊1巻

Memory in Summer

200
0.0
「もうだめぇ、熱いのが我慢できない…」――幼い頃、私を助けてくれた幼馴染の“高”。彼とのひさしぶりの再開なのに、緊張しちゃって上手く喋れない…。だけど高の顔を見ていたら、下半身が熱くなってきて…、思わず彼を押し倒しちゃった! 疼くアソコを擦りつけてたら、だんだん高の股間も元気になってきて…。ガッチガチのモノをお口いっぱいに頬張ったり、お腹の奥まで突っ込んだり…私の全身で高を感じたいの!
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン