シリーズ詳細

8年前メラニーを勘当した叔父が亡くなり、弁護士クレイが遺言状を持って現れた。その内容は、遺産を相続する資格があるかどうか彼の査定を受けろというものだった。遺産放棄も考えたが、弟のために必要だと考え直し、クレイが滞在している叔父の屋敷に戻ったメラニー。「監視役」の彼に反発を覚えるものの、その厳しくもやさしい眼差しに心がざわついて!? 一方、クレイは困惑していた。意地っ張りな彼女の奥には寂しい少女が眠っていることに気づき…。
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

  • ムーンバードが飛ぶ日
    ムーンバードが飛ぶ日
  • ハーレクインコミックス セット 2017年 vol.335
    ハーレクインコミックス セット 2017年 vol.335
  • ハーレクインコミックス セット 2017年 vol.230
    ハーレクインコミックス セット 2017年 vol.230