シリーズ詳細

検死とは、一般病死以外の異状死体を検査し、病気、事故、あるいは殺人によるものかの死因を明らかにする重要な作業であり、その際、死体と向き合う法医学者のことを監察医という。しかし、日本における「監察医制度」の普及は東京23区、横浜市、名古屋市、大阪市、神戸市の5都市で、それ以外の市町村では、警察医や警察から依頼を受けた一般の医師により検死が行われているのが現状である……誰もが迎える死の瞬間(とき)。突然死、孤独死、保険金殺人など、その最期のメッセージに込められた真実に、女性監察医・山田朝顔が挑む!!“死”の真実を探るために……感動の法医学ミステリー!!
30

マンガレビュー公式レビュー

  • 不自然な死を遂げた遺体の状況から、真の死因を明らかにする監察医・朝顔。彼女は遺体にひとつでも不審な点があれば、自分の足で徹底的に現場も確かめます。その姿を見て、心からこの職に誇りを持っているのだということが伝わってきました。
    とはいえ真実が明らかになっても亡くなった本人は帰ってこず、さらに深い悲しみを背負う遺族もいる。その事実を受け入れたうえで成長していく朝顔先生の心情からも、目が離せない作品です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2014年2月17日14時14分

    え…

    表紙からこうゆうのむりです。
    残念…

  • さぷりめんと

    2014年2月12日18時16分

    面白い!!

    全巻読みたい!!
    朝顔先生素敵!!

  • ゲスト

    2016年11月13日05時14分
みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品