シリーズ詳細

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、過酷な労働や理不尽な掟に縛られた村の暮らしを受け入れて育ってきた著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村で過ごした13歳から19歳までの青春期を描き、当時のマスコミを騒がせた村の実態に迫る、衝撃の実録コミックエッセイ。朝日新聞、毎日新聞、新潮45、TVブロス、アンアンなど、数多くの書評欄で取り上げられ、「その後の話が読みたい!」の声が殺到した話題作『カルト村で生まれました。』の待望の続編! 思春期をむかえた村の子の毎日(音楽、男女交際、一般の本を読むことは禁止。男子の部屋も女子が掃除!)。「個別ミーティング」や内容を大人にチェックされる「日記」など、思想をコントロールする村独自の新たなシステムがスタート。結婚相手は年の離れたおじさん!? 村の「調整結婚」など驚愕のエピソードが明らかに――。

公式レビュー

  • 自分の青春がカルト村じゃなくて本当に良かった
    このマンガに出てくるヤマギシ会の凄いところは、この村が今も全国のどこかにあること。良し悪しはおいといて、こういうコミュニティが日本にあることが興味深い。
    「村の仕事で得られるのは自分の成長と言われているけど、一般の仕事は金銭がもらえる」こんな実話はめったに見聞きすることが出来ないから興味がある人は是非。「自由」って何だろう?と考えさせられる本でした。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品