ホーム少年・青年
稲川淳二のすご〜く恐い話

既刊5巻

稲川淳二のすご〜く恐い話

0.0
「おまえ、このタンスの後ろ、壁じゃないぞ…たぶん、これ、なんかあるぜ。」とにかく、動かそうということになって、中の物を出して、動かしたんですよ。そうしたら、あるんですよ。ほら、ギッと開ける、1枚の開きの戸の押入が。「でも、絶対におかしいよ。この押入が使えるのに、なんでタンスで覆っちゃう必要があるの。大体さあ、大家さんが、タンス使っていいですよ、ってそれも普通、ねえぞ」そしたら、一人が「開けようか」と言い出して…。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊5巻