シリーズ詳細

【人間×人狼 運命に弄ばれた禁断の恋】「男同士だろうが異種間だろうがどうでもいい」〈人狼〉であることを隠しながら暮らすコヨーテは、バーで働くピアニスト・マレーネに会うたび口説かれる。人狼ゆえ彼と深く関わることを避けようとするが、ある日、前ぶれもなく初めての発情期がきてしまい、人の姿を保てずにいたところをマレーネに見つかってしまう。彼の誘いを拒もうとするコヨーテだが…。

2020年03月06日 まで割引中!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2020年2月22日10時49分

    また次巻までどれだけ待つのだろう…

    前巻の、怒ったリリーと、リリーを怒らせた事で全身から力が抜け抜けになったであろうマレーネが心配で心配で。

    待ち焦がれて、もう〜、勿体ぶって読みました。1ページ、ひとコマひとコマ、表情の一つ一つ。
    読みこぼさないよう、見落とさないよう。

    まだ、終わりじゃない。
    ハラハラは続き、緊張感は持ち越しなのに、それでも、読み終わった後にどわっ!と泣けてしまった。

    はぁ〜やっぱり最高。

  • ゲスト

    2020年2月21日09時48分

    待ちに待った3巻、胸の詰まるシーンも多くて…
    無事終息してほしいです。
    マレーネとリリーの発情期じゃない交わり…
    胸がいっぱいになりました(´;ω;`)
    4巻も楽しみにしています!!!
    座裏屋先生大好きです!!

  • ゲスト

    2020年2月20日23時13分

    幸せになって

    お願いだからもう誰も死なずに幸せになってほしい
    次巻が待ちきれません

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品