シリーズ詳細

名切晃太郎はスーパーの惣菜売り場で働いている。ある日、よく見かけるサラリーマン・高野渡が自分の作っている惣菜ばかり買っていることに気づく。好物の惣菜が売り切れて落ち込んでいた高野に名切が声をかけたことで二人はご飯を一緒に食べる仲に。段々と高野に惹かれていく自分を自覚する名切だったが…二人で囲むしあわせな食卓。それには、期限があって…

みんなのレビュー

  • mitten

    2019年5月10日05時39分

    何度言っても足りないくらい、すごくいい。

    この先生のお話どれも好きで、とってもいいんですがその中でこのお話が一番好きかも。何度繰り返し読んだかなぁ?何度読んでも、読み飽きないです。
    その後も、日常を大切に過ごしていくんだろうなと思えるラストも好きでした。

  • ゲスト

    2019年4月27日07時22分

    穏やかな大人の恋

    大人の男の恋愛が料理を介して描かれてて、読んでてお腹が空きました。晃太郎の影のある大人の男の雰囲気も良かったです。いいお話でした。
    あと、どっちが受けか最後まで分からなかったのも、私的にはちょっとしたハラハラポイントでした。笑

  • みちる

    2019年3月24日13時17分

    良かった。
    料理のできる男前って、ずるい!
    そして、色っぽい。
    高野さんも仕事中は男前なんだろうけど晃太郎くんの前ではかわいいし。。
    色々と買って良かった作品です。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品