シリーズ詳細

クリスマスも近い吹雪の日、タクシードライバーのニッキの前にひとりの少女が客として現れる。行き先は童話作家ジョナサン・スリートの住む“クリスマス城”。彼の娘だと言う少女と屋敷を訪れたニッキは、現れたハンサムなジョナサンに目を奪われる。が、続く彼の言葉に愕然とした。「その子は僕の子供じゃない」信じられない。子供の顔も忘れたの!? 猛烈に抗議するニッキだが、ジョナサンに突然唇を奪われて!? さらに吹雪がやむまでの間、彼の屋敷に滞在することに…。
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする