シリーズ詳細

昭和の華・當間一族…地方名家・當間家の跡取りとして厳しく育てられてきた育郎は、座敷牢に匿われる妾腹の兄・蘭蔵に父の関心のすべてを奪われていた。辛くとも気丈にふるまう育郎だったが、そのそばには、常に一人の男がいた。典彦。育郎が幼い頃から仕える年上の使用人である。典彦は、孤独な育郎を蛇のように愛でた。深い口づけを教え、性処理とうそぶきながら股を開かせ、その長い指で尻を抉った。そうして育郎に快楽の種を植え付け体をいやらしく変えていった。そして数年後、事態は一変する。當間家当主が死に、育郎が次代を継ぐ時が来て― 孤独な御曹司に植え付けられた快楽の行く先は…。

マンガレビュー公式レビュー

  • 當間家に仕える使用人×當間家当主(戦後の昭和)
    父の関心は全て妾腹の兄に奪われ、孤独を抱えて生きてきた育郎。使用人の典彦はそこにつけこんで、育郎の体をひらき、開発していきます…!
    典彦は確かに育郎を愛しているのだろうけれど、その執着ぶりはゾっとするほど。お家の問題も併せてかなりダークな作品です。父の近親相関、母の枕営業、見られながらのネトラレ…背徳感がものすごい作品で、そういうの好きな人にはかなりオススメです。
    続巻が気になりすぎる!

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年6月26日14時53分

    ドラマみたいだった。
    4巻まで一気に読みましたが、この先どうなるのか、、、!
    エロいですが、のめり込むくらいストーリーが面白い
    綺麗で、尊いというか、、言葉に表せませんが続き楽しみです

  • ゲスト

    2018年5月6日04時28分

    さすがでりこ先生。この先どう絡んでいくのか楽しみ!

  • ゲスト

    2017年12月23日10時55分

    どっぷり

    もう、どっぷりと暗闇の世界ですね。
    引き込まれるように一気に読んでしまいました。
    エロさは半端なくエロい。
    これからもドロドロとした世界が起こりそうで、早く続きが読みたい

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品