シリーズ詳細

江戸の小物問屋の次男坊・兆次は仕事もせずフラフラして親を泣かせる色男。久しぶりに遊びに来ていた吉原で、烏太夫の花魁道中に遭遇する。偶然か否か視線が絡み、惚けるほどの美しさの烏太夫が男だと知り、俄然興味を抱く兆次は烏太夫のいる朱水楼へ足を運ぶのだが…
4

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品