午前零時、彼はミダラに私を壊す。

既刊2巻

午前零時、彼はミダラに私を壊す。

-
「ココを指で丁寧にされるのが、お好きでしょう?」絡め合う熱い舌、そして彼の白い指先は私のナカをじっとりと弄り…このまま最後までして欲しいのに、どうして――地味なOL・楓の、2つの秘密。それは、楓の執事・アンブローズが吸血鬼であること。そしてもう一つは、彼の生贄となる男を夜な夜な誘惑していること…。アンブローズに抱かれたい一心で、彼に焦らされ火照る身体で、今夜も楓は危険な誘惑を繰り返していたが…!?
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊2巻

    編集部PICKUPシーン