マドリードの一夜の果て

既刊1巻

マドリードの一夜の果て

-
500
「君が知っていたのはベッドのなかの僕だけだろう」耳元でささやきながら、アレハンドロは半ば強引にレベッカの胸をさぐっている。5年前の熱い夜々が脳裏によみがえる。レベッカは必死で理性をかき集めた。ここでうまく立ち回れば、彼が買収した私のホテルを取り戻せるかもしれない。かつてふたりの間で燃え上がった欲望の炎は、今や過酷なホテル業界に場を移して再び燃え上がろうとしている。しかし彼女の計算ずくの反応を、アレハンドロはとうに見破っていた!
カテゴリー
めくって試し読み
既刊1巻

編集部PICKUPシーン