シリーズ詳細

シカゴで保育所を経営するアニーは悩んでいた。仕事は順調なのに、地元につれ戻そうとする家族にはうんざりさせられる。私はもう一人前の大人なのに。そんなアニーに、親友タラが提案した。「偽の恋人を故郷につれて帰れば、うるさい家族たちも黙るはずよ」しぶしぶアニーは独身男性のオークションに参加することに。気の進まない彼女の前に、とてつもないハンサムが現れた。ひと目で恋に落ちたアニーは、その男性を競り落とそうと大声で叫んでいた。「5千ドル!」
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品