シリーズ詳細

ふしだらで汚らわしい女——父を亡くして以来、エリザベスはロンドン社交界でそんな根も葉もない噂を立てられ、爪弾きにされていた。そんななか、ただひとり友人のテリーだけは彼女を信じてくれた。さらに君の名誉を守ろうと、プロポーズまでしてくれた。ところがテリーの叔父、ハヴィントン伯爵ニールはそれを聞いて激怒した。彼はエリザベスのもとへやって来くると恐ろしい宣告をしたのだ。「甥から身をひけ。さもなくば、消えてもらうために手段は選ばない」と。
1

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品