シリーズ詳細

「名前」を持つすべての人に捧ぐ、10の物語。 「名前は子供への最初のプレゼントだとは、よく言ったもんね」18年前に夫と娘を捨て、男と逃げた三津江(みつえ)(51)。パート先の文具売り場で、結婚を控えた娘と再会する。娘を捨てた母と、母に捨てられた娘。その邂逅は希望か、悲しみか。(第1話)  「私は一生、男の人に愛されることも、名前を呼んでもらえることもないんだろう」恋人いない歴=年齢の愛子(あいこ)(29)。駅のホームで自殺未遂と誤解された現場を、知り合いの男子高生に目撃されてしまい……?(第2話)  あなたの心に優しく爪を立てるような――――志村志保子という「文学」。痛みと癒し、そして救いのオムニバスストーリー。

マンガレビュー公式レビュー

  • 「名前」をテーマにした10の物語が入っているオムニバスです。
    子どもの名前を決めるって重責な体験ですよね。わたしの周り含めて、結構考えに考え抜いたわりにはキラキラネーム風になったりしてね。名前に纏わる話を聞くのが好きなわたしには結構刺さりました。
    同作の中にわたし愛されたこともないのに愛子なんだよなぁ って言葉がずっしりと心にくるマンガです。確かに不思議と愛子って幸せのイメージないんだよなぁ。

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.