既刊25巻

ジェラシー 第十二回

100
4.7
26
自由気ままに振る舞いながら、周りを自分のペースに巻き込んでいく櫓木。幼い頃から彼に対して複雑な思いを抱えていた浅生田は、もう限界にきていた。一方、明虎の妻、麻巳も櫓木の存在を持て余していた。そしてついに明虎に詰め寄るが――!? 惹かれ合うふたつの魂の物語。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊25巻

    編集部PICKUPシーン