シリーズ詳細

【少女が筒先を向けたのは、兇暴で、脆く美しい、犬人間―――。】天保十三年――。江戸は謎のケモノ「伏」の脅威にさらされていた。猟師の少女・浜路は、江戸で「伏狩り」をして暮らす兄・道節の下へとやってくる。少女の銃口がケモノに向けられたとき、烈しく咲き誇り、儚く散る花のように、「因果」の歯車が回り出す――。(C)2012 hakus (C)2012 Makoto Tsuduki

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする