シリーズ詳細

子供が産めなくなるかもしれない——医師の残酷な診断に、メグは動揺した。温かい家庭を築くのが夢だったのだ。一刻も早く妊娠したいメグは、幼なじみで親友のベンに人工授精を提案した。子供の父親は彼以外、考えられない。ずっと密かにベンを愛してきたから。けれど告白してもし拒まれたら友情まで壊れてしまう。それが怖くてすべてを胸の内に秘めてきたのだ。そんな切ない思いに気づきもしないベンは、彼女の恋心を踏みにじるような無情な条件を突きつけてきた!

みんなのレビュー

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品