恋の煙

既刊1巻

恋の煙

0.0
200
恋を知らない私が好きになった人、それはお姉ちゃんの恋人でした——。好きになった誰かのために一喜一憂する事なんて、自分にはないと思ってた。あの人に出会うまでは…。その手は姉にどんな風に触れるのですか? その口は姉にどんな言葉をかけるのですか? その瞳は何を見て微笑むのですか? 苦手だった煙草の煙にさえも今ではとても好き、その香りがする度に私の胸は痛く締め付けられる。
カテゴリー
    めくって試し読み
    既刊1巻

    編集部PICKUPシーン