シリーズ詳細

昭和19年、夏。太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士、田丸はいた。そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。そして日米合わせて5万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭4万。迎え撃つは『徹底持久』を命じられた日本軍守備隊1万。祖国から遠く離れた小さな島で、彼らは何のために戦い、何を思い生きたのか――!?『戦争』の時代に生きた若者の長く忘れ去られた真実の記録!

マンガレビュー公式レビュー

  • 可愛い絵に惹かれてなんとなく手にしてみたのですが…やられました。
    背筋が凍るような恐ろしい話が次々と出てきます。主人公は漫画家を志していた青年。転んで頭を打って死んだ盟友の死を、軍からの依頼で名誉の死であったかのように偽装した手紙を遺族に送ります。
    手紙を送った後に主人公は気が付きます。自分のした行為が兵士を美化・英雄化して、次なる戦争の犠牲者を作りだしてしまっていることを。恐いけれど知っておくべき戦争のリアルがここにあります。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品