読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

紅はずっと目で追って、憧れていた人に思い切って告白したけれど、なんとその彼は先生だった。
びっくりした紅に先生はいきなりキス。
『キス、したそうだったから』
って…。そんなのヒドイ。

最低だって思ってるのに、好きだった熱が冷めやらない。
ねぇ先生、どうやったら私のこと、生徒としてじゃなくて、女の子としてみてくれますか?

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品