シリーズ詳細

私には、帰る場所があります。 両親を早くに亡くした小学5年生の五百井雅は、両親の知人である哲史と牧人と一緒に海辺の町で毎日賑やかに暮らしている。二人を「お父さん」として慕っているけれど、家にお父さんが二人いるのは、どうやらおかしな事なようで…。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2018年11月12日14時33分

    よくわかんなかったケド(笑)

    ほっこりする感じでした〜

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品