シリーズ詳細

夏がジリジリ音を立てる。暑さに思考が灼(や)き切れる。真っ黒に潰れたあたしの中で、想いだけがただ、熟れていく――。血のつながらない兄への許されない想いを描いた表題作ほか、失踪した恋人との切ない思い出を綴る「失踪日和」、幼なじみの淡い恋「紅いソーダ水」など5編を収録した珠玉の短編集!!
1

マンガレビュー公式レビュー

  • ジョージ朝倉先生の短編集。「水蜜桃の夜」は話自体は読み切りで短いですが、とても切ない義兄妹のストーリーです。
    筆者自身、初恋の親戚のお兄ちゃんが結婚した時、子供ながらにとても悲しい想いをした記憶がありますが、この作品を読んでなんとなくその気持ちがフラッシュバックしました。
    叶わぬ恋とわかっていながらも抑えられない気持ちが、ジョージ朝倉さんならではの手法で描かれてています。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品