シリーズ詳細

真夜中のカフェでお茶を
作者
出版社幻冬舎コミックス
ジャンルボーイズラブ
週刊情報誌の編集・柚木は、仕事が忙しいため、私生活、特に食事が不規則で不健康な毎日を送っている。その上、大学時代の先輩で御曹司の学者・瀬尾と10年来のセフレ関係にあることも悩みの種。ある日、取材中に「cafe&bar小日向」で倒れた柚木を介抱してくれたのはオーナーシェフ・真庭だった。礼儀正しく優しい真庭と彼の作る美味しい料理に惹かれ、「小日向」に通い始めた柚木。そんな柚木に真庭は好きだと告白し……!?

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年2月19日15時24分

    サブジャンル

    学園ものだったのか!!!

  • ゲスト

    2017年8月6日10時28分

    妹尾の強引さは、何だか振り払えない類いの
    質の悪さだなぁ。
    人たらしって厄介だ~(笑)

    ハルみたいな懐の広い人に想われて
    羨ましいぞ!(*≧∀≦*)

  • ゲスト

    2017年8月5日14時43分

    瀬尾の家柄と頭脳の凄さが伝わってこず、柚木がなんでそんなに瀬尾にこだわるのか理解に苦しむ。嶋は実は…は、容易に想像出来た。ハルはゲイ素質あったの?それとも柚木だけ特別?
    瀬尾の本心がモヤッとボヤッとしたまま。柚木のこと、ほんとはちゃんと好きだったのかな?

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品

© CyberAgent, Inc.