僕は君のいいなり

全6巻|完結

僕は君のいいなり

4.8
21
「ふだん真面目な先輩のこんなやらしい姿、俺しか知らない」中学で自分は男が好きだと知った檀野は、うっかり想いを告げ、拒絶されたことに深く傷ついていた。そんな自分に嫌気がさしたまま迎えた高校2年の春、また性懲りもなく男を好きになってしまう。気づかれないように、もう想いが育たないように…。そう願う檀野は、想い人である部活の後輩・木下に冷たい態度をとっていた。そんなある日、檀野は保健室での自慰を木下に目撃されてしまう。「興奮しますか? 好きな相手に見られてするの」木下に焦らされ、煽られながらする行為は目眩がするほどに気持よくて、檀野から理性を奪い―――?いじわるSで食えない後輩×従順で淫乱になっていく先輩の甘く感じる調教&開発デイズ。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    全6巻|完結

    編集部PICKUPシーン