シリーズ詳細

1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。
西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……
ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)……
先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……
6

マンガレビュー公式レビュー

  • 舞台は明治日本。明治初期の喧騒の中、モノの来歴を聴くことができる少女美世が道具屋で働く中で様々なドラマを紡ぎます。
    本作品の魅力は何といっても「温かさ」です。

    活気ある人々に囲まれた中で囁かれる物の声、道具の過去を知ると不思議と道具にも親近感が生まれます。
    日本には古来から八百万の神や付喪神を信仰する文化がありますから、そのせいでしょうか。
    肝心のストーリーもしっかり練られているので、それこそ作品を読む我々も角灯のように明るく温かい心で読み進めてしまいます。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品