オトダマ―音霊―(1)

既刊3巻

オトダマ―音霊―(1)

-
500
かつて『警察の耳』といわれた、天才音響捜査官・音無 要。彼の耳は、どんな音も聴きとってしまう。――死者の声も。この世は要にとって、あまりにさわがしい。その要に厄介ごとを持ち込む、元刑事のヒデは、この世のすべてを愛するビンボー探偵。ふたりの前には、つぎつぎに死体があらわれ、さまざまな霊の叫びが要の耳を突き抜ける――!! 新田祐克がイロコイを封じて挑む、美しきオトコたちの本格ホラーミステリー、開幕!!!!
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊3巻

    編集部PICKUPシーン