シリーズ詳細

時は平安時代、京の都に一人の姫君がおりました。現実世界(三次元)の殿方に全く興味がなく、明けても暮れても草紙を読んでは妄想妄想。そんな腐りきった平安女子を更生させるべく一人の舎人(召し使い)がやって来た。はたして姫君は人並みの恋愛、結婚を叶えられるのか!? 『臨死!! 江古田ちゃん』で現代社会に痛烈な風刺とユーモアを炸裂させた瀧波ユカリの最新作。ヒトなんて、今も昔もあさはかだもの。

マンガレビュー公式レビュー

  • 姫様のためにお世話係が婚活を手助けする話。と言ってしまえばよくありそうな話ですが、そんな単純なマンガなら紹介しません。ここまでレビューを読んでいただいた方は既にお気付きだと思いますが、クセがすごいんです。
    舞台は平安時代。姫様は草紙(読み物)を読んでは好き勝手に脳内変換して妄想に明け暮れる……そう、現代でいう腐女子。恋愛は脳内で間に合っているような姫様なので、結婚願望など当然持ち合わせておらず、そればかりか求婚相手とお世話係をくっつけて妄想に悶える始末。
    美少年で子犬のようなお世話係が、腐り倒した姫様に振り回される奮闘劇がこのマンガの見どころですが、絵柄が平安タッチ(?)なので妄想に妙な色気があるのも良いですね。草紙に登場する男性は姫様の脳内変換により何故か高確率で裸です。
    あとは、姫様が「ものぐるほしけれッ」と、ヘドバンしながら悶えるのもこのマンガならではでジワジワきます。
    ちなみに、ずぼらっこは腐女子ではないのですが、それでも引き込まれてしまう独特の世界観です。新しい趣向のマンガを開拓したい方は、試しに読んでみることをおすすめします!

みんなのレビュー

  • バニラミルク

    2019年5月4日11時49分

    コミカルに歴史が学べて面白い。
    キャンディ・キャンディの一場面が出てきて、分かる方は何人いるかな?
    昔、古典の授業で習った話も出てきて、懐かしかったです。
    夢子の婚活は成功させられるのか?(笑)

  • はなまるき

    2017年12月16日10時57分

    くせがすごい

    高校生の時、こいつら100%伝説、ルナティック雑技団について熱く語った友達を思い出しました。
    ぜひその子にもすすめんとす

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品