シリーズ詳細

いまから三千五百年ほどの昔、インダス川のほとりに住むアリアン人はバラモンを頂点とする身分制度を築いていた。そんな中、物語の主人公であるシッダルタが誕生する少し前、奴隷出身のチャプラはコーサラ国の将軍を助けたことがきっかけで彼の養子となる。そして、出自を隠して権力の座を狙うが、チャプラもやはり身分制度の呪縛からは逃れることができなかった……。ブッダが生きた時代とその生涯を描いた大作がここに始まる! <手塚治虫漫画全集収録巻数>手塚治虫漫画全集MT287〜288『ブッダ』第1〜2巻収録 <初出掲載>1972年9月号〜1978年7月号 希望の友/1978年8月号〜1979年12月号 少年ワールド/1980年7月号〜1983年12月号 コミックトム連載

マンガレビュー公式レビュー

  • 「人生とは苦しい時間が基本なんだ。苦しみと寄り添うことこそが人生なんだ。そして、その苦しみは自分の心持ち次第でいくらでも和らげられるんだ……」
    そう、小学生の頃にこの『ブッダ』を読んで私も悟りました。無駄に他者と比較したり不平を並び立てたりするのは自らの苦しみを深めるだけで意味がなく、それよりも清廉に努めて生きていこうと想うようになります。読みながら様々な深い学びのある、人類必読の書です。

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品