読書のお時間です by Ameba 電子コミック20万冊以上!

シリーズ詳細

「モンスターみたいな声だ」と合唱部をクビになった隼。だが「おまえの声にはゆらぎがある。バンドをやろう」と姫野に持ちかけられる。一目惚れした謎の美少女・梓を振り向かせるため、末吉、今らと共に海岸でライブを決行することに…!?

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品