シリーズ詳細

出口晴海が好きになったのは、小野田良。三歳年下のストレート。気がつくと、好きになっていた。友達でいい。そう思っていたのに、どんどん好きになっていった。素直になれなくて、不安になって、ささいなことに幸せを感じて、言えない言葉がたくさんたまっていって──誰かを好きになる切なさと幸せがここに。

※本作は『どうしても触れたくない』のスピンオフ作品です。

マンガレビュー公式レビュー

  • こちらは、第4位『どうしても触れたくない』のスピンオフ。ですが、本編以上に色気と胸の高まりが詰まったマンガだと思います。年下のストレート(恋愛対象が女性の男性)を好きになってしまった出口の「友達でいい」という切なさがたまりません。
    男性同士の恋のトキメキや、気持ちが伝わらない失望、すれ違いなど、本当にありそうなリアルな恋が丁寧に描かれています。何度読んでも胸がドキドキする作品です。

みんなのレビュー

  • ゲスト

    2019年5月12日19時36分

    レビューみて

    気になっていた作品のひとつでした。
    本編の読む前にこっちに来て‥‥‥どうかなと思いつつ‥‥‥一気読み(笑)
    これは本編もいかなくてはならないですね(笑)
    キャラ心情がすごく丁寧でストーリーもブレがない(笑)
    読破後のほんわりした感覚が心地良いです。
    満足でした。

  • ゲスト

    2019年5月5日00時49分

    優しい気持ちになる

    小野田って、人が良すぎてどちらかといえばいいお友達といわれるタイプだし、思考もノーマル。だから、恋愛に発展するんだろうかと危ぶまれたけど、あったかい恋愛模様になるんだなと微笑ましいような、優しい気持ちになった。

  • ゲスト

    2019年3月6日12時57分

    どうしても~のスピンオフ

    ヤバい。めっちゃ良い。
    どうしても~より好きかも。
    いや、どっちも好き。
    買ってよかった。

みんなのレビューをもっとみる

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする

同じ作者の他の作品