ホーム少女・女性
ニコラオスの嘲笑

既刊18巻

ニコラオスの嘲笑(4)

300
3.6
12
加治清の殺人容疑は固まったと思われたが、証拠不十分という幹部会議の判断で逮捕は見送られることに。愛する息子と離れたまま憔悴する森村、そんな森村を見てますます思いが募る小倉、久しぶりの恋人とのデートに浮かれる生駒、現場と上層部の双方のプレッシャーに苦悩する吉井管理官…それぞれがそれぞれの事情を抱えたまま、短い正月休みに入る。主婦と生活社刊。
カテゴリー
このマンガを読んだ人におすすめ
    めくって試し読み
    既刊18巻

    編集部PICKUPシーン