名前をなくした貴公子

既刊1巻

名前をなくした貴公子

-
500
獲得予定ポイント3
アマンダは見慣れない部屋のベッドで眠っていた。逞しく温かい腕に抱きしめられ、思わずキスをしてしまった瞬間、目を覚まし驚いた。夫と思いキスした相手は、見知らぬ裸の美しい男性だったのだ。アマンダはなんとか記憶を辿り、思い出した。この男性と乗り合わせた馬車が横倒しになって地面に激突したことを。その時、彼はその腕にアマンダを抱き締め、怪我をしないように守ってくれた。お礼を言い名前を尋ねると、男性は名前はおろかすべてを忘れ去っていて…!?
カテゴリ
めくって試し読み
既刊1巻

編集部PICKUPシーン