シリーズ詳細

クレメンシーは目を疑った!
目の前で夫と親友が抱擁しているのだ。いたたまれない気持ちでその場を逃げ出した彼女は、テムズ川のほとりで一人の男性と出会う。
互いのことを話すうちに親密になった二人は別れ際に、かすかに唇が触れ合うキスを・・・。5年後、隣に越してきた男性を見て彼女の胸は高鳴る。
あの日の彼だわ。

このマンガのレビューはまだありません

新刊通知設定

通知管理をみる

このマンガをシェアする