紳士の特等席~ミルクと砂糖で召し上がれ~

全1巻|完結

紳士の特等席~ミルクと砂糖で召し上がれ~

-
105
謎めいた不機嫌オヤジ相手に事件と恋の予感…!?小夜子は父の経営する喫茶店の看板娘。店は小夜子を目当てに来るお客さんで今日も大繁盛。いろんなお客さんが来る中、深刻そうな表情で奥の席に入っていく謎めいた紳士・九条。小夜子はそんな九条に興味をひかれていく。次の日、開店前の喫茶店で一人きりで準備をしているところに、再び九条が訪れ突然「かくまってまらえませんか」と告げられる。不安に感じる小夜子だが、九条に対する興味から先日案内した奥の席にかくまうことにするのだった。…これから一体どうなるんだろう?★玉田先生からのコメント「インテリも美味しいけど少年みたいなおっさんも最近熱いです。素敵おじスメルで溢れますように。」【オヤジズム】
カテゴリー
めくって試し読み
  • 続きは本編でお楽しみください

全1巻|完結

編集部PICKUPシーン